ねこやブログ ~引きこもりアニメ女子の日常~

20代女子が大好きなアニメの感想やブログ運営、美容・健康に関する記事などをまとめて紹介しています!毎日19時更新中です!

【春アニメ】『SHAMAN KING』第1話感想とあらすじ!!憑依合体!

f:id:nekoya_sad:20210410212921p:plain

©武井宏之講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京

 

 

こんにちは!ねこやです。今日も2記事投稿です!

 

今回紹介するのは「SHAMAN KING」第1話です!

 

もう第2話が放送されている地域もあるようですが、やっと第1話を視聴しました!

 

昔漫画とアニメどちらも見ていて消化不良で終わってしまったので、今回大変楽しみにしていました!!

 

 

SHAMAN KINGとはどのようなアニメなんでしょうか? 

 

早速、第1話の感想をレビューしていきます!!

 

 

 

第1話 あらすじ

 

【第1話】 「幽霊と踊る男」 

 

塾帰りの少年・小山田まん太は、墓場で幽霊と楽しげに会話する不思議な少年と出会う。少年の名は、麻倉 葉。霊と自在に交流し、その力を引き出す「シャーマン」だった。そしてある日、まん太は「木刀の竜」の異名を持つ不良・梅宮竜之介とトラブルになってしまう。葉はまん太を救うため、伝説の侍の霊・阿弥陀丸の力を借りて、木刀の竜に挑む…!

 

引用元:公式HP

 

 

 

第1話は衝撃の冒頭から始まり、その後まん太のために葉が阿弥陀丸の力を借りて戦うというストーリーでした。

 

 

第1話の感想(ネタバレあり)

 

第1話を視聴して気になったのは次の2つです!

 

注目ポイント! 阿弥陀丸が葉の仲間になる
②ハオの行方

 

まずは、それぞれのポイントを解説していきます!

 

阿弥陀丸が葉の仲間になる

f:id:nekoya_sad:20210410212959p:plain

©武井宏之講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京 

 

物語は、主人公麻倉葉小山田まん太のいる高校に転校してくるところから始まります。

 

まん太は葉のことが気になり様子を見に行こうとしていると偶然「木刀の竜」に見つかってしまい怪我を負わされます。

 

そこで、葉はまん太のために伝説の侍である阿弥陀丸を憑依合体させ、見事竜を打ち負かします。

 

憑依合体のシーンは作画も綺麗で大変熱かったね。

竜のリーゼントが真っ二つになってしまったのは笑いました。

 

 

その後、シャーマンキングになるために強い仲間を集めているという葉の言葉に、阿弥陀丸は仲間になることを決意します

 

 

シャーマンキングとはなんなのでしょうか?今後の2人の戦いに注目です!

 

 

➁ハオの行方

 

第1話の冒頭で、葉の双子の兄に麻倉家始祖の葉王(ハオ)が宿り、姿を消してしまったという描写がありました。

 

 

この設定は昔のアニメではもっと後に明かされたのではなかったでしょうか…?

2人の関係を明確にすることで話を分かりやすくしたのかもしれません。

 

 

ハオが母親に向けた「出産という大義、ご苦労であった」という言葉、ゾクッときて怒りが湧いてきますね。

 

 

ハオが姿を消してしまい、希望は葉に託されたというシーンで冒頭は終わります。

 

 

ハオはどこへ行ってしまったのでしょうか?

いつ葉の前に姿を現してくるのでしょうか?

 

謎の人物ハオの正体が気になりますね。

 

感想

第一話を見終えて大変懐かしさを覚えました!

 

まん太ってこんなキャラだったなぁ、そういえば竜は昔は悪だったなぁ、と色々と思い出しました。

 

主人公葉の声を新しく声優の日笠陽子さんが担当しているということで少し可愛らしい声になりましたが、そこまで違和感は感じませんでした。

 

作画は昔の雰囲気を残しながらも綺麗になっており、バトルシーンが楽しみですね!

 

 

 第一話の最後は道蓮も出てきて、今後の戦いがどうなるのか注目です!!

 

 

面白かったので今後も視聴したいと思います!

 

 

第1話のネットの口コミや評判は?

 

 

ネットでも第1話は大いに盛り上がったみたいですね!

新作アニメ記念にイラストを描いている方も多く見受けられました。  

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

憑依合体のシーンが熱く、今後の闘いがわくわくしますね!

 

良ければみなさんの感想をお待ちしています!!

 

 

お読みいただきありがとうございました(=^・^=) 

 

クリックよろしくお願いします!! にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村