ねこやブログ ~引きこもりアニメ女子の日常~

20代女子が大好きなアニメの感想やブログ運営、美容・健康に関する記事などをまとめて紹介しています!毎日19時更新中です!

【考察】アニメ「蜘蛛ですが、何か?」はつまらない?その理由と評価まとめ(ネタバレあり)

f:id:nekoya_sad:20210428090823p:plain

 

 

2021年1月から放送がスタートし現在2クール目に突入しているTVアニメ蜘蛛ですが、なにか?

 

異世界に転生した先が蜘蛛だった!?」というストーリーの転生ファンタジーで、あの小説家になろうが原作です。

2020年12月時点でシリーズ累計発行部数は300万部を突破しています。

 

しかし、巷ではつまらない、面白くないとの声が多く存在するようで、かく言う私もその一人…アニメを見続けるのが辛くなってきました。

 

そこで、今回はなぜ「蜘蛛ですが、何か?」が酷評されているのか、その理由について初回から現在(15話)までのストーリーを踏まえ、詳しく分析していきます!

(なお、原作は読んでいないためアニメのみの考察となります)

 

 

なぜつまらないと言われているのか?

理由① クラスメイトたちに感情移入できない

f:id:nekoya_sad:20210428095157p:plain
「蜘蛛ですが、何か?」第6話より

 

まず理由として挙げられるのが、人間サイド(人間パート)の転生者たちの過去が不明確で感情移入できないという点です。

 

8話で過去編はありましたが、主要キャラ達の立ち位置がうっすらわかる程度で情報が少なく、それ以降は全く描かれませんでした。

 

 

特に準主人公のシュンが前世でどのような人間だったのか分からず、早い段階からシュンが頑張っている理由はなんだろうという疑問がありました。

 

転生ものというと、突然転生したことに戸惑いながらも前世での経験や知識を生かし懸命に生きていくというのが普通の流れだと思います。

主人公「私」は、前世で自分の殻に閉じこもっていた性格から変わりたいと、蜘蛛でありながら奮闘するというのは納得できました。

 

 

しかし、シュン達の前世での性格や生き方などの描写が少なくなく、もっと言うとキャラが多すぎて誰が転生者であるかもよく分かりませんでした。

せめてシュンだけでも転生時の話や過去について説明があっても良かったのではないかと思います。

 

 

原作ではもっと詳しく描かれているのかもしれませんが、いまいち感情移入することができませんでした。

 

 

理由② 時間軸が難解である

f:id:nekoya_sad:20210428094946p:plain

「蜘蛛ですが、何か?」第14話より

 

次に感じたのは、主人公サイドと人間サイドの時間軸が異なっているのが大変分かりづらいという点です。

 

一番最初に疑問に思ったのは10話で人間達が主人公「私」がいる大迷宮に襲撃を仕掛けた時です。

 

人族最強の老魔法使いロナントは、「私」に殺されかけ大敗を期した事件を過去の出来事と語っていました。

一方、主人公サイドでは襲撃時のことを最近のことのように語っていたため、過去の話というのは間違いだったのか?と思っていました。

 

 

しかし、14話で決定的なシーンがあり、やはり主人公サイドと人間サイドの時間軸がずれていることがわかりました。

 

14話の前半で主人公サイドでは赤ちゃんの姿で現れた「ソフィア」がなんと後半で成長した姿で現れたのです。

頭の中にはてなが埋め尽くされ、前半に戻りもう一度ソフィアかどうか確かめたほどです。

 

主人公サイド、人間サイド、魔物サイドという3者それぞれで異なる話が平行して起こっているのかと思いきや、なんと時間軸がずれているというのです。

 

演出をもっと分かりやすく出来なかったのでしょうか。

ただでさえ話が行ったり来たりしているのに、余計にややこしくなりました。

 

この点がつまらないと言われている理由の一つだと思います。

 

 

 

理由③ 展開が遅い

f:id:nekoya_sad:20210428095517p:plain

「蜘蛛ですが、何か?」第15話より

 

最後は、 主人公サイドと人間サイドの一向に交わる気配のない展開の遅さにあります。

 

 

アニメの序盤はなんとなく見ていられます。

転生した先が蜘蛛と人間でそもそも種族が違うのですから別々に話が進むのは理解できます。

 

しかし、13話でやっと主人公が地上に出たにもかかわらず、一向に出会う気配がありません。

主人公はマザーとの対決、人間サイドは分裂の危機、という急展開についていけない視聴者がほとんどではないでしょうか。

 

様々伏線が張り巡らされているのでそろそろ何か起きるかもしれない…という期待を抱いているのも辛くなりました。

 

展開の遅さにもやもやするばかりで人間サイドのストーリーはもう少し飛ばしても良かったのではないかと思います。

 

 

今は伏線回収の時、今後の展開のための布石だと思いなんとか耐えていますが、展開が遅すぎる感は否めません。

 

 

ネットでの口コミや評判

 

アニメは原作とストーリーが異なっているため分かりづらい人間サイドはいらないとの声が見られました。

 

一方、主人公サイドはテンポもよく面白い、戦闘シーンは見ていてハラハラするという声もあるため、つまらないと感じている人ばかりではなさそうです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか? 

「蜘蛛ですが、何か?」がつまらないと言われている理由についてまとめてみました。

  

結論を言うと、アニメしか見ていない人にとっては説明不足と感じる点が多くありました。

打ち切りはないと思いますが、放送終了後の評判によっては続編が制作されない可能性はあります。

 

今後、それぞれの過去や時間軸がずれていることについて明かされていくのでしょうか?

面白くなることに期待して、引き続き視聴したいと思います!

 

 

良ければみなさんの感想をお待ちしています!!

ここまでお読みいただきありがとうございました(=^・^=) 

 

 

クリックよろしくお願いします!!

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 


漫画・アニメランキング

 

★U-NEXTで31日間無料トライアル実施中★

「蜘蛛ですが、何か?」やその他見放題作品がすべて無料で視聴可能!!

登録がまだの方はぜひお試し下さい!

見逃し配信バナー

 

原作小説と漫画が気になる方はチェックしてみて下さい!(小説家になろうでの更新は停止しています)